ストレス改善

温州みかんなど柑橘類に多く含まれるヘスペリジン。糖転移ヘスペリジンは、ストレスを軽減し、リラックスや集中力を向上させる効果があるとの研究成果が報告されています。

現代社会では、人間関係や仕事などでストレスを感じる人が増えています。過剰なストレスは、イライラや不安、抑うつといった心理面、頭痛、肩こり、目の疲れなどの身体面、飲酒量や喫煙量の増加などの行動面に出てきます。

林原の研究では、糖転移ヘスペリジンの「抗ストレス作用」を示唆するデータが得られています。

実験では、9人に糖転移ヘスペリジン250mg配合のタブレットとプラセボ(効き目のない薬)のタブレットをそれぞれ2錠摂取してもらいました。タブレットを摂って30分後に、単純計算作業で人の働きぶりを調べる内田クレペリン検査を行いました。

内田クレペリン検査では、簡単な一桁の足し算を1分ごとに行を変えながら15分行います。5分の休憩をへて、さらに15分間、同様のことを行い、能力面の特徴や性格・行動面の特徴を調べます。

前半15分の作業で糖転移ヘスペリジンを摂取した人たちの解答数、正解数がともに高くなりました(※図)。

タスクパフォーマンス(内田クレペリン検査)

タスクパフォーマンス(内田クレペリン検査)

ストレスが減ることで集中力がアップし、仕事や勉強などの作業効率のアップが期待されます。